分岐鎖アミノ酸(BCAA)の効果。

最近良く耳にするBCAAは、一体どのような物なのでしょうか。
ここでは、必須アミノ酸であるBCAAの効果や上手な摂り方を解説しています。

分岐鎖アミノ酸(BCAA)とは?

必須アミノ酸であるバリン、ロイシン、イソロイシンの3つをまとめて、BCAAと呼びます。
(Branched Chain Amino Acid:分岐鎖アミノ酸の略)

この3種類は、少し特別なアミノ酸で体内における必須アミノ酸の約40%を占めており、筋肉を作る物質となったり、筋肉を動かすエネルギー源にもなります。

筋力トレーニングや運動中に摂取することで、効率的に筋肉増強が出来たり、肉体疲労を予防する働きがあることから、アスリートには欠かせないアミノ酸です。

このため、マラソン選手の水分補給用のドリンクにも、BCAAが配合されています。

BCAAの特徴や効果

代表的な働きなどを以下に記載しますので、ご確認下さい。

筋肉を組織する。

BCAAは、筋肉を作っているタンパク質の約20%を占めているといわれています。
このため、筋肉の材料となるアミノ酸として活躍しています。

筋肉の活動エネルギー。

BCAAは、運動時には筋肉のエネルギー源となります。
このため、運動時にしっかりと補給することで、動きのパフォーマンスを高めることが出来るといわれています。

筋肉疲労の予防・回復。

運動中には、筋肉中にあるBCAAを消費しながらエネルギーを産出していますが、同時に、筋肉組織にダメージを与えてしまいます。
このため、運動中はこまめに摂取しましょう。

BCAAの効果的な摂取方法。

運動中には、体内では筋肉を動かすためのエネルギー源として、BCAAの要求が高まります。
このため、出来る限り、運動中にこまめにBCAAを摂取することが望ましいでしょう。
なお、最近の研究では、運動30分前から運動中にかけて、BCAAを摂り続けることが最も効率よく使われるとの報告があります。

・当サイトの利用は、「アミノ酸の基礎知識」のトップページにある、注意事項をよく読んでご利用下さい。

スポンサードリンク

Copyright (C) 2007 アミノ酸.com. All Rights Reserved.